痔は切らずに治す

痔を切らずに治したケース紹介

ケース③ 座り作業・便秘

肛門狭窄・Cさん・女性・38歳・会社員

便秘で、かたい便の排便後に激しい痛みが!

毎日、パソコンの前ですわり仕事の経理課のCさん。お通じは週に2~3回で、ときどき市販の下剤も使用していました。便がかたいときに、ときどき痛みや出血がありましたが、1日で治るので放置していました。

友達と旅行し、3日間排便がありませんでした。3日ぶりの便は太くかたく、思い切りいきんで出しましたが、肛門に激しい痛みを感じました。4~5日たっても排便時の痛みと出血があるため、肛門科を受診すると、肛門狭窄と裂肛と診断され、肛門を拡張する手術が必要といわれました。手術は、肛門を締める筋肉である括約筋を切る手術だと説明され、こわくなり当病院を受診しました。

診察をすると、たしかに肛門括約筋が緊張し、肛門が狭いのが分かりました。しかし、肛門そのものが線維化などで狭いのではなく、痛みからの緊張で括約筋が締められている状態で、裂肛や肛門のびらんが治れば、括約筋は弛緩して、肛門が広がる可能性があると思われました。

生活指導と投薬

やわらかいお通じが出るように、ヨーグルト、納豆、ところてんを毎日食べてもらい、軟便剤も投与しました。便がやわらかくなるに従って、だんだんと排便時の痛みも軽減し、3ヵ月後には、痛みや出血は消失しました。3ヵ月後に肛門鏡で調べると、括約筋の緊張は取れて裂肛も完治し、肛門狭窄は消失していました。

現在も、年に3回ほど受診しますが、「豆と海藻を多く食べる」「1時間たったら席を立って10m歩いて戻る」「毎朝5分ほどのストレッチ体操を行う」といった方法で、毎日やわらかいお通じが出て症状は消失しています。もちろん手術は行っていません。

切らずに治したケース3